奥州市 奥州市 車検整備 トヨタシエンタ  第一相互自動車整備工場

画像
奥州市 車検整備 トヨタシエンタ

  • HOME
  • 車検
  • 奥州市 車検整備 トヨタシエンタ

平成20年式 トヨタ シエンタ 車検整備

 この型が出てもう9年になるんですね(゜o゜)

今回は平成20年式トヨタのシエンタの車検整備です。
初年度登録からもう9年になるんですね~。約63000㌔で外装も綺麗な状態です!
オーナーさんは大事に乗られてるんですね~(*^^)v
さてさて、交換部品はあるのかな?

 フロントのディスクパットを交換します。

左側はもともとついていたパットです。残量は3.5㎜と少し余裕がありますが、次回車検まで持つかと言ったらちょっと厳しい。。。と言うことで今回はパット交換しました。
右側は新品のパットです。比較してみると差がわかりますね!
ちなみにですが、ブレーキを踏むとキーっという音が聞こえてきたらパットに付いてるセンサーがローターに当たってる音なのでその音が聞こえてきたら交換時期です。

 リアホイールシリンダーのオーバーホール!

ホイールシリンダー(銀色の部分)の両端にゴムのカップが付いています。そこをペロッとめくるとブレーキフルードが、、。はい。漏れています。ほったらかしにしていると最終的にブレーキが効かない事になります。
右側から漏れていましたが、交換する時は左右セットなので左側もオーバーホールして新しいカップと交換します。

奥州市 水沢 第一相互自動車整備工場

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0197-24-4358




>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!