奥州市 奥州市 タイミングベルト交換  第一相互自動車整備工場

画像
奥州市 タイミングベルト交換

title

ホンダ アクティトラック HA7

黒いカバーの奥にタイミングベルトがあります

 黒いカバーの奥にタイミングベルトがあります

左後タイヤを外したところから撮影。
画像中心部のカバーの内側にタイミングベルトという10万㌔交換の部品が隠れています。
通常は目に見えない為、定期的に10万㌔毎の交換となっています。
外に見えるベルトはファンベルトです。
よく見ると亀裂が入っているのがわかります。

コグベルト(歯付きベルト)

 コグベルト(歯付きベルト)

カバーを取り外してタイミングベルトが見えました。
先ほどのファンベルトと見た目が違って、ベルト内側がデコボコしています。
コグベルト(歯付きベルト)と言われていて、各ギヤに噛み合う作りになっています。
そうすることで、カムとクランクの回転周期を一定のタイミングで動かしています。

ファンベルト亀裂

 ファンベルト亀裂

デコボコベルトは見た目には亀裂などはありませんが、10万㌔走行していますので劣化しています。
ファンベルトの方は見た目にも亀裂が入っていて交換時期なのがわかります。
ここ最近の車両のファンベルトはあまり亀裂が入らないので、交換時期の見極めが難しくなっていますので定期的な交換が必要になってきます。

ベアリング

 ベアリング

右側がテンショナーベアリング。
タイミングベルトに張りを与えるもので、左側の小さな丸穴を支点にバネの力でベルトを張っています。
左側がアイドラーベアリング。
タイミングベルトが周囲の部品に干渉しないようにや、エンジン自体の形状設計などの為に必要なベアリングです。

10万㌔定期交換をおすすめします!

 10万㌔定期交換をおすすめします!

最近のエンジンはタイミングベルトが金属性のチェーンになっていてほぼメンテナンスフリーとなっていますが、まだまだベルト仕様のエンジンも走っています。
ベルトが切れると、殆どのエンジンがバルブピストンがぶつかってしまって壊れてしまいます。
修理や交換に多くの費用がかかりますので、タイミングベルト付の車両に乗っていらっしゃる方は定期交換をおすすめします。

一般整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!