奥州市 奥州市 N-BOXスラッシュ 電動パーキングブレーキ解除  第一相互自動車整備工場

画像
奥州市 N-BOXスラッシュ 電動パーキングブレーキ解除

  • HOME
  • 一般整備
  • 奥州市 N-BOXスラッシュ 電動パーキングブレーキ解除

title

ホンダ N-BOXスラッシュ

車検にて入庫のN-BOXスラッシュ

 車検にて入庫のN-BOXスラッシュ

H27式のN-BOXスラッシュが入庫しました。
軽自動車で初めて電動パーキングブレーキを採用ということで、いったいどのような構造になっているのでしょう?
最近は電動パーキングブレーキの車種が多くなっていますが、軽自動車でしかもリヤブレーキはドラム式。。。
早速リフトアップして構造を見ていきます。

リヤブレーキ分解

 リヤブレーキ分解

分解する前に、このN-BOXスラッシュは自動でパーキングブレーキが作動して解除も自動ということで、エンジンをOFFにするとサイドブレーキを引いた状態になってしまいます。
と、いうことはドラムブレーキが外れないということですね。
下記操作を行わないと分解できませんでした。
ドラムの中にモーターが入っていてスイッチ操作によってブレーキシューを動かしています。

*解除の方法
エンジン始動→シフト位置P→ブレーキを踏まないで電動パーキングスイッチ5秒押し→電動パーキングスイッチインジケーターが点滅したら3秒以内にスイッチを離す→3秒以内に再度スイッチを1秒押す→ブザーが1回鳴るのを確認してスイッチ離す→ブレーキを踏み電動パーキングスイッチを押し解除完了

サイドブレーキワイヤーが無いっ!

 サイドブレーキワイヤーが無いっ!

モーターによって作動させているので、ワイドブレーキワイヤーが無く配線があるだけです。
技術の進歩によって様々な部品改良が進んで、機械的に作動する部品は電動化しています。
100年に一度の自動車の改変時期と言われる現在、10年後の自動車の主流はどのような姿になるのでしょうか。

一般整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!